【GAS】claspでpushされるファイルの順番を
変える方法を解説

GAS

Google Apps ScriptのCLIツールclaspを使ってるときに、ファイルのpushの順番を変えたくなりました。claspのdocumentを見るとその方法が書いてあったので、共有したいと思います。

pushする順番を変更する方法

プロジェクトの設定ファイル.clasp.jsonに次のように書くことでpushする順番を指定できます。

{
  "scriptId": "your script id"、
  "filePushOrder": ["file1.js"、 "file2.js"]
}

この場合file1.jsが先にpushされfile2.jsがその次にpushされます。

pushする対象のファイルでfilePushOrderに書かなかったファイルは、filePushOrderに書かれたファイルがpushされた後で、pushされます。

Google Apps Scriptの管理画面で見ると上からfile1.jsfile2.jsの順番で位置することになります。

実際にやってみた

GASで求人ボックスをスクレイピングするプロジェクト(記事にする予定)をclaspを使ってローカルで管理しています。

実行する関数はscraping.jsにあるのですが、GASの管理画面ではconfig.jsが一番上に位置していて、関数を実行するためにscraping.jsをクリックしてから実行しなけらばならずちょい面倒です。guiでもファイルの位置を変更できるのですが、pushするたびに元通りに戻ってしまいます。

上で説明した方法を使ってpushする順番を変えることで、scraping.jsを一番上に位置させます。

変更前

{
  "scriptId": "my script id"
}

変更後

{
  "scriptId": "my script id"、
  "filePushOrder": ["scraping.js"、 "config.js"]
}

このように変更することで、scraping.jsを一番上に位置させることが出来ました。

ファイルのpushの順番を検知してくれています。

まとめ

ファイルをpushする順番は、.clasp.jsonfilePushOrderに書くことで設定できる。