xselの使い方

この記事ではxselが何なのかとその使い方を説明します。

xselを知ったきっかけ

githubにssh接続する方法をこちらの記事で調べていました。

ssh接続するために公開鍵を生成し、githubの鍵登録のところに貼り付けするにあたって、クリップボードにコピーする方法として、pbcopyというコマンドを使っていました。がしかし、ubuntuにはありませんでした(Macにはあるらしい)。

それと同じ働きをするコマンドとしてubuntuにはxselがあることを知ったのがきっかけです。

xselでできること

xselではコピペをコマンドで行うことが出来ます。

コピペする方法は2通りあって、ホイールボタンを用いる方法と,クリップボードを使う方法です。

ホイールボタンでコピペはコピーしたい部分を選択し、ホイールボタンを押すことでペースト出来ます。

クリップボードはctrl+cとctrl+vを使う方法ですね。

xselはこの両方の方法をコマンドから実行ができます。

ubuntuを使っている場合は、sudo apt-get install -y xselでインストール出来ます。

使い方

ここではxselの使い方を説明します。

説明のためにtest.txtを使います。

$ cat test.txt
This is test.

ホイールボタンでのコピー&ペースト方法

コピーの方法

いずれかのコマンドを実行すればホイールボタンを押すことで、This is testがペーストされます。

$ cat test.txt | xsel --primary --input
$ cat text.txt | xsel -pi
$ xsel --primary --input < ./test.txt
$ xsel -pi < ./test.txt

出力する方法

$ xsel --primary --output
This is test.
$ xsel -po
This is test.

クリップボードにコピー&ペースト方法

コピーの方法. 以下のいずれかのコマンドを実行すると。ctrl+vでThis is test.をペースト出来ます。

$ cat test.txt | xsel --clipboard --input
$ cat test.txt | xsel -bi
$ xsel --clipboard --input < ./test.txt
$ xsel -bi < ./test.txt

クリップボードの内容を出力する方法

$ xsel --clipboard --output
$ xsel -bo

感想

めちゃくちゃ便利だなと思います。

今まではAtCoderで競技プログラミングを行うときは、vimでソースコードを書いて行けそうだったら,その内容をコピーしてAtCoderの提出画面に貼り付けていました.

vimの画面をマウスでコピーしようと思うと、行番号が入ってしまうので、わざわざgeditを立ち上げてコピー&ペーストしていました

xselを使えばコマンド一つでコピーができちゃうのでとても便利だなと感じます。何よりコマンドで色々できることがカッコイイ

便利なツールの最新記事4件